日本ダチョウ農園のミッションと目指すビジョンのご紹介

本当にヘルシーで高品質な「食」を皆様のもとへ。ダチョウ関連食品を通じ、人々の健康に貢献いたします。

「自然の中でのびのびと育ったダチョウから産まれる、ヘルシーで高品質な食品を皆様にお届けしたい」。
それが、私たち日本ダチョウ農園の想いです。

現代における牛・豚・鶏の畜産は、大量生産・大量消費のシステムの中で効率のみを追い求めてきました。消費者には余り知られていないことですが、 家畜達は建物の中で身動きが自由にできないほどの狭いスペースに押し込められ、運動もほとんどできずに、常に緊張を強いられる環境で飼育されています。その結果、ストレスによって免疫力が低下し病気にかかりやすくなるため、飼料に抗生物質を混ぜたり、濃厚飼料や成長促進剤等を与えて肥らせるなど、極めて人工的な環境で飼育されているのが実態です。

現代人は、このような不健康な状態で飼育された畜産物を毎日摂取することによって、生活習慣病やアレルギーをはじめとするさまざまな現代病にかかる一因にもなっています。

日本ダチョウ農園では、このような「食」のあり方に正面から異を唱え、ダチョウの自然飼育を実践。栄養に富み高品質で健康的な卵を生産し、「ダチョウの卵プリン」などの独自開発商品を開発・製造・販売しております。
当農園のダチョウたちは、広々としたパドックを自由に走り回り、睡眠も十分に取ることができる環境でのびのびと育成。さらに、ダチョウはすべて自社農園内で卵から孵化させ、育成まで一貫した管理を行っています。飼料も自然素材にこだわり、提携牧場で特別に栽培した牧草(サイレージ)を始め、自社農園で育てた桑の葉、ぬか、おから、サツマイモ、カボチャの葉、クローバー等を与えて、大切に世話をしています。もちろん、成長促進剤・抗生物質の入った配合飼料は一切使っておりません。

私たちは、高品質で安全安心なダチョウ関連食品の生産・製造・販売を通して、皆様に「食」の幸せと健康をお届けしてまいります。

だちょうの大好物である桑の畑。現在、約1,000本が植えられており、栽培3年目の今年は背丈よりも高く育ちました。